【著者:宮里藍】I am here. アイ・アム・ヒア

最近は女子プロゴルフに興味がわいてきていて、LPGAツアーをテレビや新聞、ネットなどで見ていたりしてます。
優勝したり上位に来る人は、1打1打に集中する、思い切ってプレーする、などメンタル面が強い人が活躍している傾向があるなと思ってました。
自分自身はスポーツはもっぱら観戦するだけですが、そういえばアメリカのプロスポーツ選手はメンタルを重視しますよね。

アメリカでまだ優勝がなかった頃に書かれた本。
アメリカ女子ツアーのクオリファイングスクール(日本女子プロのクオリファイングトーナメントのようなものか)で、トップ合格はやっぱりすごいんだなぁ。
テレビのインタビューを拝見していても前向きでポジティブな印象の宮里さん、スランプの話しでティーグラウンドに立つのが怖くなる事もあるんだなと。
これは将棋好きな自分も、対戦して負けるのが怖くなって対戦が怖くなり躊躇してしまう事を思いだしました。

年々と盛り上がってきている女子プロゴルフ、藍ちゃん人気で好感度も高く女子プロゴルフに多大な貢献をしたと思います。
2017年の今年で引退は寂しいですが、同じ沖縄出身者、これだけ世界的に活躍された事に勇気をもらえたと思います。

▼書籍情報
タイトル:I am here. アイ・アム・ヒア 「今」を意識に刻むメンタル術
著者:プロゴルファー 宮里藍
出版社:角川 SSC 新書

・今いる場所、今という時間、今打つ1打を大切にする
・何かを捨ててシンプルにならないといけない
・9割褒めて、1割叱る(お父さんのゴルフ指導)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする